工法紹介 | バンデフレキシン工法研究会

研究会の概要

トピックス

会員名簿

工法紹介

施工事例

お問い合わせ

バンデフレキシン工法のご紹介

進化を遂げた注入剤が止水のあらゆるシーンにコンクリート構造物加圧注入止水システム
『バンデフレキシン』アクリル系二成分合成樹脂

Introduction

充填された注入剤は、
最高水準の止水効果と
安全性を発揮。

『バンデフレキシン』工法は極めて低粘度のアクリル系二成分合成樹脂をコンクリートの漏水部分に専用注入機を用いて高圧で注入する工法です。この工法はコンクリートの漏水部に約45度の角度で削孔し、専用の特殊ノズルで親水性の注入剤を常に規定量だけ圧入できる注入機で、打継ぎ部、ひび割れ部、エキスパンジョイント部、豆板へ隙間全体に充填させることができます。

地下構造物を含めて漏水補修および事前漏水防止できる用途

●トンネル ●橋梁 ●ダム ●地下鉄道トンネル ●空港 ●地下コンクリート構造物 ●貯水槽 ●浄化槽施設 ●汚水タンク ●下水処理施設 
●プール ●浄水場

止水および漏水防止箇所

止水および漏水防止箇所

ひび割れ

止水および漏水防止箇所

コールドジョイント

止水および漏水防止箇所

エキスパンジョイント

止水および漏水防止箇所

豆板

■ その他 : ●収縮クラック ●伸縮クラック ●可動ジョイント ●構造打ち継ぎ ●プレキャストコンクリート間のジョイント

Features

工法の特長と性能

工法の特長と性能

  • バンデフレキシンはさまざまな施工状況に応じて圧力と重合硬化時間を調節でき、水圧がかかっている状況で止水作業が可能です。
  • 注入孔として電動ドリルで直径10~20mmの孔をあけます。専用注入機にあわせた特殊ノズルでバンデフレキシン薬液を注入し、完了したらノズルを取り除き、注入孔を急結セメントで充填します。
  • -10℃~+40℃までの気象条件でも施工できる優れた特長があります。また、コンクリート構造物中に残存する湿気は重合硬化中にすべて吸収されるので、水分に対する抵抗性があります。
  • 長い年月をかけて開発された注入機はさまざまな気象条件や現場条件でも、安定した均質な工事施工が可能です。
  • 自動的に閉じる装置の特殊ノズル、圧縮空気クリーナー等、数々の優れた機構を装備していますので能率の良い補修作業が実現できます。
工法の特長と性能
工法の特長と性能

Procedure

施工手順

バンデフレキシン工法の大まかな施工手順をご紹介致します。

① 施工前

① 施工前

② 削孔

② 削孔

③ 注入ノズルのセット

③ 注入ノズルのセット

④ バンデフレキシン剤注入

④ バンデフレキシン剤注入

⑤ 急結セメント充填

⑤ 急結セメント充填

⑥ 完成

⑥ 完成

カタログダウンロードはこちら

バンデフレキシン研究会会員名簿バンデフレキシンのhodogaya

PAGETOP
Copyright © バンデフレキシン工法研究会 All Rights Reserved.