バンデフレキシン工法研究会
  • Longer infrastructure life
  • contributions
  • lecture

進化を遂げた注入剤が止水のあらゆるシーンに

『バンデフレキシン』工法は極めて低粘度のアクリル系二成分合成樹脂をコンクリートの漏水部分に専用注入機を用いて高圧で注入する工法です。
この工法はコンクリートの漏水部に約45度の角度で削孔し、専用の特殊ノズルで親水性の注入剤を常に規定量だけ圧入できる注入機で、打継ぎ部、ひび割れ部、エキスパンジョイント部、豆板へ隙間全体に充填させることができます。

研究会の概要
工法紹介
施工事例

長年の実績に基づいた工法で保証も可能です。

『バンデフレキシン』工法の優れた止水施工方法をさらにわかりやすく、丁寧にご説明した動画を新たに作成いたしました。
是非、その卓越した工法をご覧ください。


長年の実績に基づいた工法で保証も可能です。

『バンデフレキシン』工法の新たな仲間、『フレキシン 極』をご紹介しています。優れた止水性能をそのままに、安全性と環境にも配慮した画期的な止水工法『フレキシン 極』を動画で解説しています。

バンデフレキシン研究会会員名簿バンデフレキシンのhodogaya

PAGETOP
Copyright © バンデフレキシン工法研究会 All Rights Reserved.